2012年04月23日

フィギュアスケート・国別対抗戦に思う(2)

今日は最初から本題です(笑)
お嫌いな方は、素人がほざいてるとスルーしてくださいね顔(イヒヒ)

さて...ペアのトラン選手が日本国籍取得の意向を示しました。
右ソース
世界でも国籍取得が難しいとされる日本...現時点で、いくつかの条件を満たしていない彼。
ソチまでに国籍取得を可能にするのは”特例”頼みって...今更無理でしょう。

何しろ、お役所は”特例”がお嫌い。
何か問題があったら自分の出世に響くから。
でも知らないところで”特例”を認めてるんだけどね...自分のメリットになることに限り。

それ以上に、スケ連がトラン選手に圧力をかけたのではないかと心配です。
今の時点では彼は日本のスケ連に所属してるので、例え高橋選手がカナダ国籍を取得したとしてもカナダからソチOPに出るのは無理でしょう。
彼だけでなく高橋選手がソチOPに出るにはトラン選手の国籍変更が必要...とか、いらぬ心配かしら?

トラン選手が本当に自分で決断してくれたのなら、署名でもなんでもして応援するけど。
まぁ、他国籍の高橋選手とペアを組んだ時からずっと考えてきたと思いますが...今は静かに見守りたいと思います。
厳しい中で直訴するには”今しかない”絶好のタイミングでもあるのよね(あのスケ連が計算づくで...以下、自粛)...橋本聖子がどこまで頑張れるのか、にかかっているのが一番不安だがたらーっ(汗)

かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい

...話は変わって、シングルは...女子は...いいや(笑)
今後輝きそうなダイアの原石を見られただけで。
体形変化の時期を乗り越えてくれることを願うのみ。

...男子は...ガス抜きで終わりましたね、ホント。
女子もガス抜きと思ったけど、男子よりは若干まともだったかも。
男子は...高橋選手、ジュベール選手、レイノルズ選手、別の意味でPの点数が理解不能でした。

来季もおそらくこのパターンで終わるのね、とウンザリした。
高橋選手が金メダルを取るには、今季の世界選手権の羽生選手のパターンで攻めるしかないような気がする。
SPではFPで第2GPに入れるような点数の構成にする(4回転入れずに3回転のみで体力温存&ジャッジの油断を誘う)→FPで超神演技(4回転×2&3A×2(1つの3Aはコンボで後半)&完全ノーミス)...ただし、この状態でもPの3,4ミス位は必要。

なんか、書いてて馬鹿らしくなったけど、今季のあの状態を見ればFPで第1GPにいたら滅茶苦茶下げられるのが目に見えてるので、羽生選手のように第2GPにいて油断させるしかないような気がする(羽生選手の場合は計算とかではなかったけど)...私の下らない予想が外れるのを祈るばかり。
...なんだかなー、もうちょっと楽しく観戦がしたいよぅ。
今の状態では試合観戦なんてISUのお財布になるようなものなので、絶対に行かないけど...そのうち本当に呆れてネット観戦すらしなくなるかもたらーっ(汗)

ニックネーム ay at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3117587
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック